麻疹(はしか)・風疹のワクチンを接種しました

ここ最近で気になるニュースとして愛知でも感染の拡大が報じられた麻疹(はしか)があります。我が家は80代の母、40代後半の自分、30代前半の奥さん、4歳と0歳の娘という構成です。このうち遠~い過去に麻疹に罹ったことのある母を除き、確実に麻疹、風疹のワクチンを接種しているのは4歳の娘のみといった状況でした。麻疹は感染力が非常に強く、空気感染をするためマスクや手洗いのみでは予防ができず、麻しんの予防接種が最も有効な予防法ということです。

もし感染すると・・・

  • 約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。
  • 2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。
  • 肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。
  • 死亡する割合も、先進国であっても1,000人に1人と言われています。
  • その他の合併症として、10万人に1人程度と頻度は高くないものの、麻しんウイルスに感染後、特に学童期に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる中枢神経疾患を発症することもあります。
  • 妊婦が麻疹にかかった場合、通常の6倍まで死亡率が高まります。
  • 流産・早産の可能性が高まってしまう。
  • 妊娠中に風疹になると、お腹の赤ちゃんに先天性の奇形が生じることもあります。

というような本当に怖い病気です。

知らずに感染し、知らずに感染を拡大させてしまうことを避けるため、自分と奥さんと0歳の娘でGW中の予定は中止しワクチンを接種しにいきました。予防接種に伴う出費は痛いですが、これ以外に注意のしようがありませんもんね。

不運にも感染された方の回復と1日も早い麻疹の完全なる収束を願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です